信託業務

にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ
にほんブログ村 にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
にほんブログ村 にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ つくば情報へ
にほんブログ村
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
シャトン
つくばに住んで30年。高校生男子のお弁当を作りながら、ベジタリアン生活を紹介していきます。

2012年02月21日

シーガルフォーを取り付けました

シーガルフォーを取り付けました。





昨年3月の大震災直後、福島第一原発が爆発を起こしました。

当時は、何がなんだか分からないまま、毎日テレビから流れる枝野さんの発表を見ながら、まずは静観するしかない日々でしたが。。。

知り合いのお医者さんが、
「まず、逆浸透膜の浄水機を買った方がいい、今、なかなか手に入らないが、比較的安価なものを見つけたので、買いますか?」と誘ってくださいました。

当時、いろいろと分からないことが多く、お金も潤沢にあるわけでもなかったので、まず、調べてから購入することにします。ということになったのです。

子供が小さいので、やはり放射能の影響は気になります。
そこで、うちでは料理にはミネラルウォーターを使うことにしました。

安心は安心なのですが、安いミネラルウォーターを探した結果、
500mlのペットボトルのものになってしまい、そうすると当然大量にリサイクルゴミが発生するのです。





置き場所もあまりないし、捨てに行くのも結構大変。
そんなわけで非常にストレスがたまります。

最初に逆浸透膜の浄水機を勧めてくださったお医者さんによると
シーガルフォーで福島の水を浄水したら、放射性物質が除去されたという報告があるらしいと。
理由ははっきり分からないけれども、
放射性物質は、単体では非常に小さく、逆浸透膜でなければ除去できないが、
自然界では、他の物質にくっついていて、
そこまで細かくなくても除去できるのではないか。
という説もあるようだと教えてくださいました。

そこでシーガルフォーを取り付けようと考えたのですが、
初期費用が高いので、リースやレンタルがないかと考えました。

つくばセレブのWさんがシーガルフォーを付けていたと聞いたので、
尋ねてみたところ、すでに逆浸透膜の浄水器に変えているので、
シーガルフォーを下さるとおっしゃるのです!

えぇ!そんなことってあるんですか???
でも助かるなー。ありがたく使わせていただきます!

というわけでシーガルフォーを取り付けてみました。
水道との切替え装置が壊れていたので、それだけ購入しました。

主人が言うには、お米がおいしいと。
確かにミネラルウォーターでご飯を炊いていたときには、
少しパサパサして固い感じになっていたのですが、
それはなくなりました。

調べてみると、硬水でお米を炊くと、固くなるそうです。
放射能の件も安心できるし、ペットボトルのリサイクルゴミはなくなるし、
お米はおいしいしで、とても幸せな気分になっています。


同じカテゴリー(お買い物など生活系)の記事画像
ひなまつり
サイゼリヤに間違い探し子供メニューが復活!
スターバックス 季節のおすすめ「さくら」
栗原はるみさんのWフライヤー
コストコのピザ(祝!つくば出店決定)
精米機を購入しました
同じカテゴリー(お買い物など生活系)の記事
 ひなまつり (2013-03-03 17:37)
 サイゼリヤに間違い探し子供メニューが復活! (2013-02-27 12:44)
 スターバックス 季節のおすすめ「さくら」 (2013-02-24 03:03)
 栗原はるみさんのWフライヤー (2013-02-21 01:42)
 コストコのピザ(祝!つくば出店決定) (2012-07-03 17:15)
 精米機を購入しました (2012-04-24 01:15)
Posted by シャトン at 00:16│Comments(2)お買い物など生活系
この記事へのコメント
おお、レストランでも使ってるっていうアレですね。
放射能については旦那がまた怖い話を持ち込んできました。
詳細は省くけど
魚関係はヤバイらしいよ。
特に深海魚系はやめたほうがいいって。
ま、君のうちには関係ないだろうケドね。

そうはいっても私は食べてるけどね。
(・∀・)マタネー
Posted by なおっち at 2012年02月21日 23:08
おぉ、そうですか。。。
確かにうちは、深海魚はいただきませんが。。。
また、女子会(シスターズ)にて、詳細報告よろしく!
Posted by シャトンシャトン at 2012年02月21日 23:20
コメントフォーム
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。